痛風の恐ろしさ

痛風という病気を知っているでしょうか。
中々御存じない方もいらっしゃることと思います。
特に10代、20代の人たちは、中々知らないと思いますが、逆に30代より高齢になればなるほど御存じの方も、実際に私は痛風ですよ!といった方々がいらっしゃることと思います。
痛風は簡単にいってしまえば、身体の中にあまり良しとしない尿酸が溜まりにたまってしまい、バランスを崩してしまったことで、発症する病気です。
なので、若い方々の中では中々発症している人はほぼいないことで、聞きなれないのだと思います。
実際この痛風とはとても現代の日本では問題視されている生活習慣病になりつつある病気の1つといえます。
この痛風が発症する原因、つまり痛風の原因というのは、プリン体といわれるものです。
このプリン体という言葉は、良くテレビを見る人あれば御存じではないでしょうか?
そう、最近ではこのプリン体と言われる物質が含まれている食材について良くテレビで報道されていますね。
コマーシャルでいえば、良くビールのコマーシャルでプリン体がゼロ!などとしていると思います。
このプリン体というのは、みなさんの好物には必ず含まれているといっても過言ではないと言われるほど、私たちの身近な食に含まれております。
若い人たちは良く好きな物しか食べない、とか好き嫌いとかされている方がたくさん昔に比べて多いと思いますが、それが痛風の原因となる、食のバランスを壊してしまっているのです。
痛風の怖いところが、一度掛かってしまうと完治することできないと言われています。症状を和らげることはできるとされますが、完治はできないのです。
それに、本当に悪化してしまった場合、さいあく壊死してしまう為、切り落とさなくてはならないのです。
なので、とても怖い病気なので、若い人たちにも是非知ってもらいたいと思います。
この痛風を発症しない為には、バランスの良い食生活、これを若いうちから気をつけないといけないのです。
尿酸値が高くなってしまった人たちは、インデラルというこの痛風の予防のお薬を服用することを是非お勧めします。
インデラルを飲みながら、しっかりと食生活をしていれば、尿酸値が高くても痛風にならない可能性も十分にあります。
ただ、もう痛風になってしまった方々は、ザイロリックといった痛風の専門のお薬をしっかりと飲むことは必須ですし、もう好きなときに好きなもんを食べることはできない思った方が良いと思います。
実際このザイロリックを飲み続けて、しっかりと考えた食生活に切り替えても、痛風は完治しないので、食べるもの、飲むものも好きなものが尿酸値を上げるような食材などが含まれる場合は口を通せません。
なので、若いうちから、しっかいとした食生活をすることは本当に大切なのです。