痛風研究クラブ★痛風になったらザイロリック

医療機関で痛風治療

病院での痛風治療

病院での痛風治療 突然足に激しい痛みが襲う。
こんな症状が起こったら痛風かもしれません。
その場合は痛みが和らいだらすぐに病院にて診察を受けるようにしてください。痛風は通常は内科にて診察をしてもらいます。
総合病院などでは、痛風外来やリウマチ科などと呼ばれるところもあるので、そのような専門科がある場合は、そちらでで診てもらうとよいでしょう。

痛みなどの症状が出ている場合は、まずは痛みを和らげてもらうことが必要になります。薬によって痛みを緩和させてもらいます。それと同時に血液検査と尿検査が行われます。
血液検査では、血中の尿酸の値を診ます。この数値が高いと痛風になるとされています。
また、尿検査をすることで、通風の種類を調べることができます。その種類によっても改善方法が変わってくるからです。
尿を調べることで、併発する可能性のある腎臓病や尿路結石を調べることもできます。

薬や食事によって尿酸の値のコントロールも行っていきます。
このためには、ある程度の期間が必要で、3ヶ月~半年は掛かるとされており、非常に根気が必要です。怠ると再び痛風発作が発生してしまうかもしれませんので、根気強く続ける必要があります。
食事ももちろん制限させられます。特にプリン体の多い食材やアルコールの摂取には制限がされてしまいます。
投薬や食事を制限しながら、その後の経過を診て行きます。
再度尿酸値を診ることで、数値の改善が見られれば検査の間隔を広げられるでしょう。
逆に通知に改善が見られない場合は、食事の制限が増えたり、検査もこまめにしなくてはなりません。

痛風は一度なってしまうと完治することは難しいとされています。
痛風になったその瞬間から症状が悪化しないように好きな食べ物を我慢し、好きなビールを我慢し、毎日食生活に気を遣って生活しなければいけなくなります。
つまり痛風は、発症したその時から一生涯付き合う必要があるといわれている病気になります。
痛風になる危険性が高い方は、痛風になってしまう前に、対策をとっておくのが大切で、普段の食生活の見直しや別項記述のサプリメントなどを服用しての対策がとても有効です。
プリン体が多いとされる食材などをよく食べるという人は、一度尿酸値などを計ってみることをおすすめします。
完治する可能性がほとんどない痛風になってから後悔しても遅いということは理解しておく必要があります。
食事の制限やサプリメントを摂取することで、尿酸値を下げることも可能です。
後々後悔しないためにも健康管理を充分行ってください。

トップへ戻る