痛風研究クラブ★痛風になったらザイロリック

痛風の原因と実態

痛風の原因

痛風は男性に多い病気と言われていて、贅沢病とも言われています。
ビールが原因であると思っている人も多いようですが、実は食べるものの組み合わせが悪く、ビールも原因の1つではありますが、たまご類や飲み終わった後のラーメンなどが酒のつまみになるものも大きな原因で、ビールの何百倍ものプリン体が入っている食べ物もあります。

プリン体は体内で分解されると尿酸に変わるので、この病気の原因につながります。
痛風は元々日本には存在しない病気でした。
明治以前までは存在していなかったとされていますが時代の流れと共に変わる食生活の影響で日本にもかかる人がでてきた病気です。

近年、20~30代の若者でも発症するようになってきており、40~50代の病気ではなくなってきているようです。
病院に通い症状の緩和を計る人もいますが、海外通販などで痛風専門のお薬であるザイロリックを購入する人もいます。
正直な所、ザイロリックなどの薬だけでは追いつかい部分でもあるので、いろいろと日常生活に制限がかかってしまいます。
痛みも辛いですが、食事の制限という点がある意味一番辛く過酷かもしれません。
尿酸がたまりやすいものは避け、ビールの摂取もやめ、毎日しっかりと水分をとり、適度な運動も必要です。
上司との飲み会、取引先との接待など働いている人にとってお酒の席というものは多かれ少なかれ存在します。
これだけいろいろと制限があると仕事にも影響しかねません。
そうならないように普段の食生活がとても大切になります。

実は増えている女性の痛風患者

実は増えている女性の痛風患者 痛風は圧倒的に男性に多くみられる病気です。
1992年の調査では、男性が98.5%だったのに対して女性の割合は、1.5%しかいませんでした。理由は、痛風の原因とされる尿酸の血液中の濃度がもともと女性は男性に比べると低いためです。
これは、女性ホルモンが腎臓から尿酸の排泄を促進する働きがあるためです。その為、女性の尿酸の値は男性と比べるともともと低く、血液中の尿酸の濃度が高くなることで引き起こされる痛風に女性はなりにくいとされています。

また、女性であっても50代以降になると女性ホルモンが低下してしまうため、尿酸値が高くなってしまい痛風になる方もいました。今まではほとんどの女性の患者は、50代以降の方でした。
しかし最近は、若い女性の痛風患者が増えているんです。その1番の理由は女性ホルモンが減少している人が増えていることです。
理由はさまざまですが、ライフスタイルの変更が大きな要因ではないでしょうか。

最近では、女性の社会進出が増えています。それによって、女性が大きなストレスを抱えることも増えたのではないでしょうか。
ストレスは女性のホルモンバランスを乱す大きな原因となってしまいます。
また、食生活をはじめとした生活習慣の変化も女性ホルモンには影響が多いとされています。特に女性に多い無理なダイエットは大きな原因となっています。
食事制限や偏った栄養によって女性ホルモンが乱れてしまうからです。

これらのことが増えたため、若い女性の痛風患者が増えてしまっているんです。
今までは痛風といえば男性の病気といった認識があったため、女性は気にしない方も多かったと思います。しかしこれからは、女性にもこの痛風のリスクは高くあることを意識する必要があります。
女性の場合は、女性ホルモンを乱さない生活をすることによって、痛風を防ぐことはできるといえます。
女性ホルモンに乱れがある方は、普段の生活を改めて正常に体が機能するようにすることが大切です。

トップへ戻る