痛風研究クラブ★痛風になったらザイロリック

痛風の対処法

痛風発作時の対処法

痛風発作時の対処法 痛風発作は突然やってきます。
発作時に正しい処置をしないと場合によっては、痛みを悪化させる原因になる事もあります。その為、痛風発作になる前に、正しい対処方法を分かっておくことも重要です。
痛風発作は、ほとんどの場合が足の親指の付け根に突然激痛が生じます。また、その他の場所としてはかかとや足の甲、膝に痛みが出ることもあります。
痛みは非常に長く続き、1日中続くこともあります。その痛みは尋常ではなく、あまりの痛さにパニックを起こす方もいるほどです。

では痛風発作が生じたらどう対処したらよいのでしょうか。
まず最初に痛む箇所を冷やしましょう。炎症を起こし熱を持っているので、氷や湿布ですぐに冷やしましょう。
その後、幹部を心臓よりも高い位置にして安静にします。高い位置に上げることで、血液が幹部に届きにくくなり、痛みを和らげることが可能です。
また、水を飲むことで症状を早く緩和させます。尿酸の値が高いことが原因のため、水を飲み排尿を多くすることで、この尿酸を排出してくれるからです。
また、マッサージをしたり指を曲げてはいけません。これらのことをすると症状悪化の原因となります。
お酒はもちろん、アスピリン系の鎮痛剤も決して服用してはいけません。
痛みのある最中は動くのが困難になります。
痛みが和らいでからでよいので、病院に行きましょう。痛みが治まっても、痛風は治ったわけではありません。
必ず病院で、正しい診察を受けてください。もしそのまま放置しておくと、腎障害や尿路結石などを併発させてしまうこともあります。

痛風発作は非常に強い痛みがあります。特に初めて発症してしまった場合は、冷静に対応することが困難です。
ただ、健康診断等で尿酸の値が高いと言われたことがある人は、特に痛風発作時の対処方法を理解し、突然来るその日に備えておくとよいでしょう。
また、もちろん痛風にならないように日頃から食事等にも気をつけなくてはいけません。
もし普段から痛風になりやすいような食生活を自覚しているのであれば、病院にいかずとも海外医薬品の通販サイトなどでも痛風の痛みを和らげてくれるお薬を購入することができるので、予め自宅に常備しておくのも一つの手です。
ちなみにおすすめのお薬としてはザイロリックやセレコックスといったものがとてもおすすめです。

トップへ戻る