痛風研究クラブ★痛風になったらザイロリック

食事改善が痛風予防

痛風に良い食事・悪い食事

痛風に良い食事・悪い食事 痛風は、血液中の尿酸の値が高くなることで起こる病気です。
尿酸値が高くなってしまう原因は、日頃の食事が非常に多く影響しています。
その為、痛風によい食事を摂ることで痛風の対策や改善に繋がります。逆に痛風に悪い食事を摂る事で、痛風の症状が発症したり、悪化する原因となってしまいます。

プリン体という言葉を聞いたことはないでしょうか?
これは、痛風の原因となる尿酸を作る原因となる物質で、1日に400mg以下の摂取が適量とされています。
その為、プリン体の多く含まれる食品を多く摂取しないようにすることが、痛風を防ぐには必要となります。
ではどのような食品に多くプリン体が含まれるのでしょうか。レバー、魚卵、イワシなどは多く含まれる食品になります。
これらは非常に多くのプリン体を含んでいるので、食べ過ぎに注意をしなくてはなりません。これらは痛風に悪い食品となります。
ビールには、プリン体が多いことをは有名ですが、アルコール類はそれ以外にも痛風に悪いとされる大きな原因があります。
お酒は、肝臓に働きかけることで尿酸の生成を促進する働きがあります。
また、アルコールを分解する過程で腎臓が尿素を排出する働きも弱めてしまいます。その為、アルコールは体内の尿酸値を高めてしまうのです。これら酒類の尿酸値を高める作用が痛風にとって悪い影響があります。

痛風に良いとされる食品もあります。
水分は、多く摂取することで尿の回数が増えますので、尿酸が多く排出されるようになります。 また、尿をアルカリ化させる食品も積極的に摂るとよいでしょう。尿がアルカリ化されることによって、尿酸が尿に溶けやすくなり、体外へ排出されやすくなります。
これらの働きがある食材としては、海草、大豆、きのこなどがあります。
また、プリン体の含有量が少ない食品としては、米やうどん、パンなどの穀物や海草、イモ類などになります。
痛風は食生活が乱れることで起こることがほとんどです。
食生活を見直すことで、痛風を防いだり改善することも可能です。健康な食生活を心掛け、痛風に悩まずに過ごせるようにしましょう。

食生活の改善

食生活の改善 女性がほとんどならない男性の病気とも言える痛風は生活習慣を変え、予防薬を使えば予防できることを知っていましたか。
インデラルという予防薬です。
インデラルとは、尿酸値が高くなってしまった人が痛風を予防する目的で服用します。
痛風の原因である尿酸値を下げてくれる効果があり、尿酸を少なくし、結晶化してしまうのを予防してくれます。
より効果的に使用するには食生活も改善していくことで痛風になるリスクを下げることができます。 好き嫌いが激しい人は特に気を使う点でもあります。

痛風の原因は食生活の乱れにより発症する可能性があり、贅沢病なんて呼ばれることもあります。
ビールなどのアルコール類はもちろんのこと、尿酸を作り出す原因になっているプリン体が多く含まれているおつまみなどが、尿酸値を上げてしまいます。
しめのラーメンのスープはプリン体を食べてるくらいに思った方がいいです。
近年では痛風は生活習慣病の1つとなってきているので、きちんと食生活を含め、生活を管理していくことが大切です。
すでに痛風になってしまっている人には、非常に面倒ですが、薬を飲み続けなければなりません。
痛風は一度なってしまうと、完治することはありません。

薬を常備しながら、食事を厳しく規制し、痛みの発作が出ないようにしなければなりません。
その時に内服するのが、ザイロリックという薬。
このザイロリックとは、体内で尿酸ができるのを抑制する働きがあります。
痛風の原因となる食べ物、飲み物は口に入れることが一切できなくなります。
痛みの発作がでると激痛です。
若い頃に食生活が乱れ、大人になっても改善されないと発症のリスクは非常に高くなります。
近年、若者でも痛風になる人が出てきているので、中高年の病気という認識は改めた方が良いかもしれません。
辛い思いをしたくない人は、日ごろ食生活などには気を使ってください。
偏食はもってのほかです。
バランスよく食べ、痛風の予防をしてみてください。

トップへ戻る